3月24日(金)に放送されるNHK特集ドラマ『生理のおじさんとその娘』にメインキャストとして抜擢された女優・上坂樹里。数多くのイメージモデルとしてCM出演するほか、セブンティーン専属モデルとしてファッションの世界でも活躍。そんな上坂は、原田泰造が演じる“生理のおじさん”として世間でも知られている「光橋幸男」の娘「光橋花」役を本作で演じています。父とその娘が「生理」をテーマにすれ違いながらも前に進んでいく物語。女優として本格的なスタートを果たした彼女に、ドラマのことはもちろん、お風呂と読書にこだわりを持つプライベートについても話を聞いてみました。

Photo:望月宏樹
Text:kukka編集部

出演が決まった時の率直な感想を聞かせてください。

NHKのドラマに出演することは、一つの目標だったので、決まった時は本当に嬉しかったです。同時に、原田さん演じる「光橋幸男」の娘、「光橋花」をしっかり演じようと思いました。

出演が決まって、周囲の反応はどうでしたか。

家族は私と一緒に喜んでくれました。ドラマのテーマが「生理」ではあるのですが、一見難しいテーマも明るく、楽しく伝えられる内容になっているので、家族も放送を心待ちにしてくれています。

仕事のことはよく家族とも話をされるのですか。

仕事のことも、それ以外のことでも母にはすぐに相談するんです。もちろん相談に対する答えは欲しいのですが、答えが出なくても、母に相談することで自然と解消される何かがあって、気持ちが楽になります。母にはもちろんですが、家族みんなにはこの仕事を支えてもらっているので感謝しかないです。

監督とはどのような話をされましたか。

生理に理解度が高い父を持つ思春期の娘役なので、父に対しては冷たく接していますし、鬱陶しく思ってはいるけど、その裏では尊敬する気持ちを持っているので、その不器用さも出して行けたらと監督とお話させていただきました。また、事あるごとに監督から「花だったら、どうすると思う?」と問いかけも頂きました。例えば椅子から立ち上がった時に椅子をしまうのかしまわないかとか、こういった環境で育ったからこういう行動をするんじゃないかなとか、細かなところまで話し合いながら「花」を作り上げていくことができたので、本当に監督たちと一緒に作品を作ることができたと思います。

かなり細かいところまで監督たちと話し合われたのですね。

「花」のキャラクターも出していかないといけないので、台本には書かれていないところまで考えて演じることができました。

放送が楽しみですね。

はい。放送では、麻生久美子さんの語りが加わるのですが、それが個人的にはとても楽しみです。

演じられた「光橋花」のここをぜひ見て欲しい、見どころを教えてください。

演じる上で心がけていたことの一つに「表情」があります。家と学校で「花」自身のキャラクターが変わるところです。家では冷たい態度なのですが、学校では好きな子に照れてしまうような家と学校での違いを見てほしいです。あと、家のシーンで父と弟の掛け合いを見て、本当は面白くて笑っちゃいそうになるけど、しっかり反応せず花らしくスンとした表情をしているので、ぜひそこも観てもらえたらと思います。

撮影現場の雰囲気はどうでしたか。

ドラマの内容が「生理」だったからなのか、とても女性が多い撮影現場だったことが印象的でした。現場でのいろいろな相談もしやすかったですし、現場の空気も穏やかでした。主演が原田さんだったことも、より穏やかに感じられたのだと思います。

原田さんの印象を聞かせてください。どんな方でしたか。

小さい頃からテレビで拝見していたのですが、本当に優しくて、穏やかで、休憩中も話し掛けてくださるなど、周りを気にかけてくださる素敵な方でした。原田さんだからこそ、光橋家の雰囲気も作れましたし、最後まで楽しく撮影ができたんだと思います。

ちなみに上坂さんの実際のお父さんはどんな方ですか。

とても寛大な父です。あまり入り込んでくるタイプではなくて、自然にさりげなく寄り添ってくれる感じです!

お父さん、この記事読んでくれると良いですね(笑)

そうですね(笑)

撮影中のエピソード、何かあれば教えてください。

お父さんと弟「嵐」との掛け合いがとても面白いのですが、そのシーンではアドリブも多いんです。原田さんがアドリブを仕掛けてきて、「嵐」役の齋藤潤さんもアドリブで返すんです。それを見ている私は笑いを堪えるのに必死でした(笑)。齋藤さんは実際にも中学3年生で、私よりよりも年下なのにすごくしっかりしていて、現場でも堂々としているんです。私も見習わないといけないなと思うほどでした。

原田さんや齋藤さんとも、また他の作品でも一緒になれると良いですね。

はい。その話も撮影の時にしていて、原田さんは「また、家族で再会できたらいいね」と言ってくださったのですが、それがすごく嬉しかったです。またご一緒できるように、このお仕事を頑張ろうと思いました。

今後、挑戦してみたい役などありますか。

今回は家庭がメインの高校生役だったので、今度は学校がメインの学園ものに挑戦してみたいです。あとは、ミステリーの作品にもいつか出演できたらと思っています。普段からミステリー作品を観ることも本を読むことも好きなのですが、いつもは自分が受ける側なので、いつか演じることでミステリーを伝える側になってみたらどうなるのだろうか興味があります。

――――――――

プライベートについても質問させてください。美容についてマイルールを教えてください。

湯船には毎日必ず浸かるようにしています。疲れている時はもちろん、お風呂は自分が一番リフレッシュできる場所なので、自分のマインドを保つのにも良いため毎日1時間くらい湯船に浸かっています。

浸かっている時間だけで1時間ですか!?

はい、そうなんです♪ はじめの頃は美容に良いからで試していたのですが、ハマってしまって今では習慣になっています。なので、たまに家族から早く出てと叱られてしまうこともあります(笑)

上坂さんの “推し活”を教えてください。

本が読めるカフェです。カフェがメインではあるのですが、自分が座っている席の前には本棚があって、自由に飲みながら本を読めるカフェです。本好きにはたまらない空間です。落ち着くし、ゆっくりできるんです。

それでは読書好きの上坂さん、おすすめの本を教えてください。

最近、伊坂幸太郎さんの作品をよく読むようになったのですが、その中でもおすすめは『アヒルと鴨のコインロッカー』です。映画化もされていますが、初めて読んだ時にすっかりその内容に騙されてしまって、すぐにもう一度読み直したくらい面白かったです。映画も小説も良いところがあるのですが、小説でしか表現できない展開があるので、あまり小説を読んだことのない人でも、小説の面白さに気づくことができるので、小説入門書としてもぜひ面白い作品なんじゃないかなと。おすすめです。

今年は、高校生最後の1年になりますね。やっておきたいことはありますか。

先輩や姉からも制服はたくさん着て写真を撮っておくと良いよ、と言われています。なので、制服を着ていろいろなところに出かけて思い出づくりをしておこうと思います。

では最後、ドラマを観てくれる方にメッセージをお願いします。

ドラマのテーマとしては「生理」があるのですが、そのテーマにとらわれず、男女問わず気軽に楽しく観ることのできるホームドラマです。もちろん「生理」について、分かりやすく楽しみながら学べるドラマになっています。ドラマを観終わった後、家族や友だちとも話をして、さまざまな考えがあるということ自体に理解を深められたらと思っています。


【ドラマ情報】

2023 年3月24日(金)22:00〜23:13

特集ドラマ「生理のおじさんとその娘」

“生理のおじさん”として有名人になってしまった男とその娘の、親子げんかと仲直りの記録。

主人公は、生理用品メーカーの情熱的な広報マン、光橋幸男(ひかりばし・ゆきお)。高校生の娘と中学生の息子を育てるシングルファーザーだ。半年前、「生理についてよく知ろう!」と幸男が呼びかける動画が「バズ」ったことをきっかけに、「生理のおじさん」として活動している。一躍SNSとお茶の間の人気者となった父親に、思春期の娘・花は、複雑な思いを抱いていた。生放送の情報バラエティで幸男と共演するコメンテーターの北城うららもまた、幸男の言動が気に食わない。ある日、うららの「あなたは女性のことを全然分かってない」という挑発に興奮した幸男は思わず「僕は娘の生理周期も把握している!」と発言。幸男の会社にはクレームが殺到する。学校でもうわさになった花は家出してしまう。激しく落ち込む幸男。彼は炎上を乗り切り、愛娘と仲直りできるのか。生理を巡る親子のスレ違いを、二人はどう乗り越えるのか。

<出演> 原田泰造 上坂樹里 三山凌輝 / 堀部圭亮 山本未來 / 菊地凛子
<制作>
作:吉田恵里香
音楽:macaroom
語り:麻生久美子


【プロフィール】

上坂 樹里 Juri Kosaka

上坂樹里(こうさか・じゅり)。2005年7月14日生まれ。神奈川県出身。160cm。趣味:映画、読書、古着、 字を書くこと。エイベックス・マネジメント所属。 2017年東京ガールズオーディションファイナリストに選出。キラチャレ2017「審査員特別賞」受賞。2020年全国消防協会「 2021 年春の火災予防運動用ポスター」イメージモデル、駿河台学園「駿台予備校」2021年イメージキャラクター。2021年eo光×Netflix キャンペーンTVCM 出演 セブンイレブン TVCM 出演「ミスセブンティーン 2021 」ファイナリスト。セブンティーン専属モデル入り。2022年HARUTAイメージガール 2022 LINE VISION「可愛くなったらさようなら」主演。旭ホールディング TVCM &記念ショートムービー。2023年3月24日放送のNHK特集ドラマ「生理のおじさんとその娘」ではヒロイン・光橋花役を務める。

公式Instagram:@juri_kosaka
公式Twitter:@juri_kosaka
公式サイト:https://avex-management.jp/artists/actor/ZSM1w

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
【泉有乃:インタビュー】5/27(月)から始まるNHK夜ドラ「柚木さんちの四兄弟。」に抜擢された期待の新星! 女優デビューの本作で、“演じることの楽しさ”を実感。初々しくてしっかり者の13歳から目が離せない!
CULTURE
【泉有乃:インタビュー】5/27(月)から始まるNHK夜ドラ「柚木さんちの四兄弟。」に抜擢された期待の新星! 女優デビューの本作で、“演じることの楽しさ”を実感。初々しくてしっかり者の13歳から目が離せない!
5月27日(月)から放送が始まるNHK夜ドラ「柚木さんちの四兄弟。」。編集部が注目するのは、三男「湊」のクラストメイト「霧島宇多」役を演じる...