「コテコテ関西弁肉食系イケメン」と「真面目なバツイチサラリーマン」という対照的な性格の2人が織りなす愛おしくももどかしい“ムズキュンドラマ”「好きやねんけどどうやろか」が豪華キャストで話題に。関西弁イケメン・松本栄枝を演じるのは仮面ライダーギーツ役で人気上昇中の俳優・簡秀吉。バツイチサラリーマン役にはNHK大河ドラマ 『どうする家康』 北条氏直役でも注目された俳優・西山潤が好演する。さらにドラマオリジナルのキャラクターで魅惑的な存在感を放つ中津瑞樹役には、日曜劇場『下剋上球児』に出演し注目を集めた・奥野壮が抜擢。三者三様の個性溢れるイケメンぶりが注目を集めています。そんな勢いある3人にドラマのこと、近況プライベートについてインタビュー。今後も露出急増が期待されるイケメンの仲良しトークを紹介します。

Photo:望月宏樹
Text:kukka編集部

自身が演じている役について、どのような人物として捉え、また自身と比較していかがでしょうか。

西山僕が演じている「曽我久志」は、人との距離を作りがちな人間で、それ故に人との関係を拗らせてしまうところがあるんです。でも「松本栄枝」と出会って、少しずつ良い方向へ変わっていく青年です。台本を読んでいても「曽我」のまどろこしさが可愛らしくも見えて、芝居をしていても特に楽しかったところです。「曽我」は論理的に話すようなところがあって、そこは僕自身とも似ているなと感じています。普段、僕も意見を言い合うような時には感情的な言い方よりは論理的に話をする方なんです。振り返ってみると、そこが一番の共通点だったと感じています。

「栄枝」に対してまず思うのは、思ったことを素直に言葉にするタイプだなということです。撮影の前から、その真っ直ぐさや思ったことを素直に言葉にする性格は近いと感じましたね。その素直さを軸にした上で、撮影現場の「曽我」と向き合った時に、ドラマでの「栄枝」の像を組み立てていった感じでした。

奥野「栄枝」の元彼である「中津瑞樹」は、「栄枝」のことが忘れられずに、また「栄枝」のもとに戻って来ようとするんです。積極的で、少し小悪魔的な性格も持ち合わせた男の子です。

小悪魔的……、奥野さんと比べてどうでしょうか。

奥野……。僕に近いと思います(笑)

簡&西山(笑)

原作との違いで、ドラマならではの見どころを教えてください。

原作を読んだ段階では、すごくカッコ良くてクールなイメージを持っていました。ただ、現場では、変顔はするし、撮影前に思っていたカッコ良さとは違っていましたね(笑)。原作とドラマが違うとは聞いてはいたのですが、こういう感じで「違う」んだなというのは、現場ではっきり理解をしました。

奥野もちろん原作はあるんですが、僕らのような生身の人間が動いたり、話をしたりすることで原作とはまた違ったドラマの良さが出てくるものと思っています。

西山簡秀吉が演じる「松本栄枝」、西山潤が演じる「曽我久志」、を大事にしていきたいと思っています。

奥野僕が演じる「中津瑞樹」は原作にないオリジナルのキャラクターなので、少し構えて撮影に臨んだところがあります。僕自身、漫画好きなので、今回のドラマに原作ファンがたくさんいることも理解していますし、原作とドラマの違いに困惑する方もいると思うんです。原作に寄り添いながらも物語を掻き乱すような存在に「瑞樹」がなれたらと思いますし、良いバランスで加わっていけたら良いですね。

西山「曽我」の出身も原作では四国なんですが、ドラマでは東京になっていて、二人の対比がより分かりやすくなっていると思います。そういった標準語とコテコテ関西弁が混ざっているのもドラマならではの面白い設定になっています。

BL作品ならではの難しさもあったと思います。振り返ってみて、ここの芝居はよくできた、ぜひここに注目して欲しいポイントを解説してもらえますか。

先ほども僕自身の共通点として挙げたところでもありますが、「曽我」に真っ直ぐな気持ちを伝えるところは、「栄枝」の魅力だと思っているので、視聴される方にも観てほしいポイントです。真っ直ぐな気持ちを伝えることで、「曽我」が変わっていく姿もこの作品の見どころだと思います。あと「瑞樹」が加わることでの掛け合いと、それを受けての「曽我」との掛け合いも、ぜひ楽しんで観てほしいですね。

奥野一番は「栄枝」を誘惑するシーンですね。「曽我」と良い仲になりつつあるところに割り込むので、その強烈な登場の仕方に注目して欲しいです。「栄枝」を誘惑する仕草や言葉遣いなど、底が見えない「瑞樹」の魅力が出ているシーンだと思っています。そこが好きですね。

西山快活な「栄枝」、おどおどした「曽我」、魅惑的な「瑞樹」。この3人がそれぞれの場所で戦っている様子が、観ていて面白いと思います。3人が一緒になるシーンは少ないけれど、そこで3人の色がぶつかり合うところは、僕的にはすごく良いシーンだと思っています。

奥野まさに“ムズキュン”なところだと思います。

監督からの要望だったり、撮影中でのやり取りで思い出に残っていることがあれば教えてください。

西山初めに柴田監督から言われたのは「この作品はBL作品だけど、ラブコメ作品だと思って、楽しんでやって欲しい」でした。コメディのシーンはコメディに、ラブのシーンはラブを徹底して演じました。そこから、「曽我」だったらここまでやるかな、やらないかなを想像しながら、まずは思い切り演じてみて、あとは必要がある時に監督から、もう少し抑えてなどの助言はありました。でも、大抵は感じた通りの「曽我」を演じさせてもらいました。そのおかげもあって、撮影の序盤から、「栄枝」にしても「曽我」や「瑞樹」にしても、役のイメージは固まっていった感じでした。助監督さんにも、言葉のキャッチボールを大事にね、とずっと言われていました。なぜそのセリフを言ったのかとか、なぜそんな気持ちになったのかを一つひとつ大事にして行こうと。満足のいく作品を作ることができました。本当にそこは助けられた部分でしたね。

奥野ある程度は自由にやらせてもらっていながら、僕たちが少し疑問に感じたり、自分の意見を言いたくなった時にも、僕たちの意見を尊重しながらも、監督としての演出を付けてくれた、とても発言のしやすい、一緒に作品づくりをしやすい環境だったと思います。監督からも、はじめに、自由にやってほしい、振り切ってやって欲しいと声をかけられていました。それがあったからこそ、現場でしたいこと出てきた時に、しっかりと監督に自分の意見を伝えることができましたし、その上で監督にこうしてみようと演出をしてもらったのを覚えています。

小料理屋「たまえ」に立っている時の「栄枝」と、「曽我」と話をしている時の「栄枝」は、メリハリを付けたり、コメディ要素も入ってくるので、「栄枝」の魅力を存分に引き出せるように心掛けました。撮影現場では、テストの段階から100のチカラでやってみて、そのあとで監督と話しながら調整していきました。

お互いに同性同士として魅力ある3人だと思います。それぞれ「男性」として魅力のあるところをお互いに指摘していただけますでしょう。

西山壮くんは、映像を観て改めて思うんですけど、ものすごくエロいんですよ(笑)。

間違いなね。

西山正直、悔しかったんですよね。めっちゃ色気あるなと思って。それがすごく素敵でした。

それは演技の時だけですか、それとも普段もですか。

西山一番色気を感じたのは、「瑞樹」として「栄枝」の前に立っている時ですね。直接は見ていないのですが、映像として観た時にそう思いましたね。普段から、すんとしていて、余計なことはしない感じもいいですね。

奥野そんなことないですよ。普段から和気あいあいとしてますやん(笑)

潤くんは、まず何をおいても男前ですよね。

西山ありがとう(笑)

芝居も潤くんが演じるからこそ、良い作品が生まれる感じがするんです。魅力的な人ですし、背中も広くて。

西山(笑)

数年後に、僕も潤くんみたいな役者になりたいと思わせてくれる人ですね。

西山恐縮です(笑)

数年後に、僕も潤くんみたいな役者になりたいと思わせてくれる人ですね。

奥野簡くんは本当に等身大というか、自分を大きく見せることも、小さく見せることもないというか、誠実でピュアな印象です。現場で一緒に仕事をしていても、カットがかかって休憩に入る時にも、今インタビューを受けているこのテンションのままなんです。思い返してみて、僕が21歳の時、こんな風に人に近寄って行けなかったな、と思うんです。

西山それはすごくよく分かる。

奥野そういう僕自身の後悔も感じさせてくれるほどの素直さが簡くんにはあります。今でもそんなに積極的に人には行けないんですけど(笑)。ただ簡くんは、変なプライドだったり、コミュニケーションを取る上で必要のないものが無い人なんです。

素直に嬉しいです。

ドラマの舞台が小料理屋さんです。お酒を飲みに行った時にみなさんがよく注文されるものを教えてください。

西山僕は麦焼酎のソーダ割にタコの唐揚げが食べたいですね。

最近、一緒に飲みにも連れて行ってもらったんですけど、その時から芋焼酎にハマっていて、めちゃくちゃ飲んでいます(笑)。すごく美味しくて、それに焼き鳥があれば最高ですね。

奥野僕はコーラなんです。お酒を飲まないことはないんですけど、基本的にはあまり飲まないんです。コーラがなければ、ジュースを頼むようにしています。パイナップルジュースとか、クランベリージュースとか(笑)

今年これをやってみよう、と思っていることを教えてください。

乗馬にチャレンジしてみようと思っています!

奥野いろんな人と一緒にゴルフに行くことです!

西山うわ、今言おうと思ったのに(笑)。僕もゴルフをちゃんとやりたいなと思っているところなんです。

近いうちに、一緒にゴルフに行けると良いですね。

西山はい、実はもう行く約束をしました(笑)

奥野とりあえずは打ちっぱなしから行くことになっています(笑)

では、最後にドラマを見てくれる方々にメッセージをお願いします。

西山3人のドタバタ胸キュンなストーリーを最後まで楽しんで観てください。きっと最後まで楽しんで観てもらえると思います!

最後までこのムズキュンなドラマを楽しんで観て欲しいです。それぞれ性格も異なる3人の登場人物を楽しみながら観てもらえたらと嬉しいです!

奥野ドラマが進むにつれて、まだまだ掻き乱す存在の瑞樹を楽しみにして欲しいです。曽我さんには負けない!という気持ちでいます(笑)

西山僕も負けません!(笑)

<スタッフ協力>
《簡秀吉》
Style:津野真吾(impiger)
Hair & Make up:亀田 雅(or masa kameda)
《西山潤》
Style:柴田 圭(tsujimanagement)
Hair & Make up:舩戸美咲
《奥野壮》
Style:三宅 剛
Hair & Make up:大橋 覚(VANESSA+embrasse) Satoru Ohashi(VANESSA+embrasse)

<衣装協力>
《簡秀吉》
コート ¥110,000(meagratia / semina Co.Ltd)、その他 スタイリスト私物
▶︎問い合わせ先
semina Co.Ltd 03-4283-2754


【ドラマ情報】

毎週木曜日 深夜0:54
読売テレビ ドラマDiVE「好きやねんけどどうやろか」

対照的な性格の2 人が織りなす愛おしくももどかしい“ムズキュンドラマ”


原作:千葉リョウコ『好きやねんけどどうやろか』 全1巻(海王社「GUSH COMICS」刊)
出演 簡秀吉(松本栄枝) 西山潤(曽我久志) 奥野壮(中津瑞樹) 村瀬紗英(神田数代) 堀家一希(龍田要)
原作 「好きやねんけどどうやろか」(海王社「GUSH COMICS」刊)
監督 柴田啓佑 高橋雄弥 遠藤健一
脚本 モラル
制作プロダクション ファインエンターテイメント
製作 「好きやねんけどどうやろか」製作委員会
読売テレビ / エイベックス・ピクチャーズ
©千葉リョウコ/海王社/「好きやねんけどどうやろか」製作委員会
公式サイト https://www.ytv.co.jp/sukidoya/
公式SNS ドラマ公式X:@dramaDIVE_ytv
ドラマ公式Instagram: @drama.DIVE
ドラマ公式TikTok:@drama_DIVE
配信 TVerytv MyDo!にて見逃し配信あり


【プロフィール】
簡 秀吉  Hideyoshi Kan


2002年10月23日生まれ。京都府出身。184cm。AB型。趣味・特技:空手、野球、ラグビー(京都選抜と近畿選抜)。ボックスコーポレーション所属。
2019年ABEMA恋愛リアリティショー「今日、好きになりました。」で芸能界デビュー。2022年にドラマ「ナンバMG5」にレギュラー出演し、同年から特撮ドラマ「仮面ライダーギーツ」にて浮世英寿 / 仮面ライダーギーツ役で主演。2023年8月には1st写真集「IKKAN」を発売。2024年公開の映画も控える期待の若手俳優。
Instagram:@hideyoshi_kan_official
X(旧Twitter):@kan_hideyoshi
公式サイト http://www.box-corporation.com/hideyoshi_kan

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

西山 潤  Jun Nishiyama

1998年7月12日生まれ。神奈川県出身。身長:176cm。趣味:バイク・ギター・漫画。スターダストプロモーション所属。
「サイレン~FORBIDDEN SIREN~」でデビュー後、「20世紀少年」などへ出演。近年ではTBS「ドラゴン桜」のほか、映画『鬼ガール!!』、『ターコイズの空の下で』などに出演。2021年には劇団時間制作プロデュース公演第二弾・舞台『ヒミズ』で主演を務める。2024年6月7日公開予定の映画『風の奏の君へ』に出演する注目の若手俳優。
Instagram:@jun_nishiyama_official
公式サイト https://www.stardust.co.jp/talent/section3/nishiyamajun/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

奥野 壮  So Okuno

2000年8月21日生まれ。大阪府出身。特技:クラシックバレエ、趣味:マンガ、愛読書:週刊少年ジャンプ ゲーム全般。オスカープロモーション所属。
第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト:フォトジェニック賞・明色美顔ボーイ賞W受賞。2018年「仮面ライダージオウ」(EX) で主演・常盤ソウゴ 仮面ライダージオウにてデビュー。
Instagram:@so_okuno_official
X(旧Twitter):@okuno_so_
公式サイト https://oscar-aox.jp/profile/?id=31

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
【モトーラ世理奈:インタビュー】7/14(金)公開の映画『アイスクリームフィーバー』で魅惑の作家役を好演。新たに活動拠点をロンドンへ移し、さらなる未来図を期待させるモトーラ世理奈から目が離せない!
CULTURE
【モトーラ世理奈:インタビュー】7/14(金)公開の映画『アイスクリームフィーバー』で魅惑の作家役を好演。新たに活動拠点をロンドンへ移し、さらなる未来図を期待させるモトーラ世理奈から目が離せない!
ファッションモデル、女優として活躍するモトーラ世理奈が、7月14日(金)公開の映画『アイスクリームフィーバー』に出演する。本作は、アートディ...