今年、デビュー10周年となった女優・桜井ユキが、自身のこれまでを振り返るようなファースト写真集を12/22(水)に発売しました。幼少期を過ごした福岡や大分で思い出の地を訪ねた撮影は、どのカットも彼女らしいナチュラルで気取らない表情が印象的。“映像を切り取ったような写真集にしたい”、その言葉通り、写真集が一つの映画作品のような物語性ある作品に仕上がっています。大分で幼少期を過ごした祖父母の家での撮影。彼女がこれまでに経験したことのない空間での撮影は、彼女の魅力をさらに引き出したものになっています。そんな彼女に撮影でのエピソードや写真集発行への想いを尋ねてみました。

Photo:きるけ。
Hair & Make up:石川奈緒記
Styling:李靖華
Text:kukka編集部

今回、写真集を出されることになった経緯を聞かせてください。

ちょうど今年でデビューから10周年になることを知って、私自身、何か残したいと思っていました。ただ当初は写真集というカタチとは結びついていなかったんですが、ちょうどそのタイミングで写真集を出しませんか、という話をいただいて、「写真集、いいな」と感じましたし、その時の自分の気持ちとうまく一致していたので出させていただくことになりました。

完成した本を見た率直な感想を聞かせてください。

感動しました。祖父母の家や自分が幼少期を過ごした場所ばかりなので、考え深いものになりました。

撮影場所は桜井さんの希望だったのでしょうか。

写真集を出すことが決まって、どういう写真集にしようかを考えた時に、今までの自分を振り返られるようなものにできたらという思いがありました。そこで、故郷や育った場所でもある福岡と大分を撮影地として提案をさせていただきました。仕上がりを見てもひとつのアルバムのようで、すごく嬉しかったです。

桜井さんの方から写真集全体に関することで、こうしたいなどの意向はあったのでしょうか。

きれいに撮ったものを収めるだけではなく、ストーリー性ある、映像を切り取ったような作品にしたいという思いはありました。カメラマンさんたちとのその点は意見が合致していたので、スタートの段階からスタッフ全員が同じ方向を向いて制作に取り掛かれたと思います。

桜井さんの希望で撮影のスタッフを組まれたのでしょうか。

いえ、これまでお付き合いのある方ではなく、撮影コンセプトがあってその世界観に合いそうな方を紹介して頂き、それから声を掛けさせて頂きました。ND CHOW(アンディ チャオ)さんは写真がすごくキレイで最初の段階からお願いできたらと思っていました。

実際にお会いしたアンディさんの印象はいかがでしたか。

アンディさんが撮られているアーティスティックな写真をを拝見していたので、職人気質な方かと思っていたのですが、実際にお会いするといつも冗談を言って場を和ませてくれるようなお茶目な方でした(笑)。

では撮影も期間中は楽しくできた感じですね。

はい、とても楽しかったです(笑)。

思い出の地をロケで巡ってみて、自分でも気づいていなかったこと、気づきみたいなものはあったのでしょうか。

祖父母の家での撮影で、その場にどういう自分で居て良いのか分からなくなってしまった場面がありました。仕事として来ている自分と、幼少期に家族を過ごした自分と、どっちの気持ちでいればいいのかという気持ちになりました。それは家に入った瞬間から感じて、少し戸惑いましたね。でもアンディさんのナチュラルでいられるような空気づくりもあって、戸惑いもすぐになくなり、祖父母の家で過ごしていた当時のような自然な気持ちで撮影をすることができました。やはり祖父母の家での撮影は心地よかったです。慣れ親しんだ香りや、空間や、見覚えのある物に囲まれての撮影をしていて、「こんな気持ちの撮影は初めてだな」と思いながら撮影をしていました。できあがった写真を見ても、やはりそこで撮ったものは表情が柔らかいなと思いましたね。写真を見ているだけで、その撮影時の気持ちが思い出されましたし、柔らかな時間だったと思います。

お気に入りのカットがあれば、教えてください。

祖父母の実家で撮られたもので、髪が少しラフに乱れた感じの写真です。見覚えのある食器棚の前で撮ったもので、懐かしさもあり、この写真を載せて欲しいと希望しました。

ラーメンを食べているカットもありましたね。

福岡が食の街なので、そこから屋台のラーメンで撮影することになりました。ラーメンが、とても美味しかったです(笑)。

表紙のカットも雰囲気が良く出ていますね。

写真はもちろんなのですが、衣装もすごく素敵で気に入っています。タイツも少し形が変わっていたりして。雰囲気も含めて、私の好きなものすべてがこの写真に詰まっています。

今回の写真集では肌の露出も多くあり、締まったかっこいいスタイルに仕上がっている印象です。撮影にあたって何かしら鍛えられたのでしょうか。

ジムには10年ほど通っていることもあり、もともとの下地みたいなものはできていたのかなと思います。今回の写真集撮影では、見た人が気持ち良い気分になって欲しいので、ジムのトレーナーさんとも相談をして、“自然で女性らしさのある引き締まった体”を目指しました。

きれいな肌でも知られている桜井さんですが、撮影にあたって気を付けたことなどありますか。

普段から気を付けていますが、特に撮影前は、肌が荒れそうなものの食事は避けていましたね。お肉や揚げ物、外食もしないように徹底していました。食事など内側から気を付けるようにして撮影に臨みました。

2021年、桜井さんにとってはどのような一年だったでしょうか。

とても充実した一年でした。まさか写真集を出させて頂くことになると思いませんでしたし、たくさんの作品にも出させて頂きました。私自身の内面はこれまでとあまり変わっていなく、とても落ち着いていた一年だったと思います。こういう気持ちや、感覚でいられた方が仕事もしやすいですし、精神的健康にもとてもプラスな気がしています。どういうスタンスでいることが自分にとって一番心地よいのかを学ぶ一年でもあったと思います。引き続き、この気持ちでお仕事に取り組んでいけたらと思っています。


桜井ユキファースト写真集
「Lis blanc」(リ・ブロン)

タイトル:桜井ユキファースト写真集「Lis blanc」(リ・ブロン)
発売日:2021年12月22日(水)
撮影:ND CHOW
価格:2,970円(本体2,700円+税)
サイズ: A4(縦297mm×横225mm)
ページ数:112ページ
ISBN:978-4-910528-06-9
発行:SDP

>>桜井ユキファースト写真集「Lis blanc」特設サイト


「桜井ユキファースト写真集『Lis blanc』」
発売記念イベント 

開催日時:2021年12月26日(日)14時~
場所:SHIBUYA TSUTAYA 特設会場(東京都渋谷区宇田川町21-6)
<イベント詳細>
http://www.stardustpictures.co.jp/book/2021/lisblancevent.html


桜井ユキ・プロフィール

さくらい・ゆき。1987年2月10日生まれ、福岡県出身。今年4月より放送されたTBSテレビ系の金曜ドラマ「リコカツ」のParaviオリジナルストーリー「リコハイ!!」で主演を務めたほか、同じく4月より放送された、フジテレビ系“月9”枠の連続ドラマ「イチケイのカラス」に出演し、10月より放送中の日本テレビ系日曜ドラマ「真犯人フラグ」に出演中。現在出演するCMに、「サントリージャパニーズジン翠(SUI)」、Sansan Bill One、明星食品「麺神」、花王「ビオレパチパチはたらくメイク落とし」、アラクス「オトナノーシンピュア」など。

公式インスタグラム
@yuki.sakurai_official

公式サイト
https://www.stardust.co.jp/section3/profile/sakuraiyuki.html

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
【水谷果穂:インタビュー】月9ドラマ『イチケイのカラス』に新人・裁判所事務官として出演する水谷果穂。キビキビと手際よく仕事をこなす役柄からとは真逆なゆるふわ系!?な彼女の魅力をお届けします!
CULTURE
【水谷果穂:インタビュー】月9ドラマ『イチケイのカラス』に新人・裁判所事務官として出演する水谷果穂。キビキビと手際よく仕事をこなす役柄からとは真逆なゆるふわ系!?な彼女の魅力をお届けします!
【水谷果穂:インタビュー】月9ドラマ『イチケイのカラス』に新人・裁判所事務官として出演する水谷果穂。キビキビと手際よく仕事をこなす役柄からと...
【浅川梨奈:インタビュー】キスマイ北山宏光が原案のラブコメドラマ「快感インストール」で、キスマイ二階堂高嗣演じる主人公を虜にするマドンナ役を好演。プライベートではアイメイクマニアな一面も告白!
CULTURE
【浅川梨奈:インタビュー】キスマイ北山宏光が原案のラブコメドラマ「快感インストール」で、キスマイ二階堂高嗣演じる主人公を虜にするマドンナ役を好演。プライベートではアイメイクマニアな一面も告白!
【浅川梨奈:インタビュー】キスマイ北山宏光が原案のラブコメドラマ「快感インストール」で、キスマイ二階堂高嗣演じる主人公を虜にするマドンナ役を...