雑誌『nicola』『Popteen』のモデルを経て、情報バラエティー番組「王様のブランチ」(TBS系、毎週土曜午前9時半~生放送)に新リポーターとして出演をスタート。同じく4月から配信スタートのABEMAオリジナルドラマ「ブラックシンデレラ」では、主人公の親友役で女優としても存在感を放つ彼女。今年2月に開始した自身のYouTube「鈴木美羽のみうチャンネル」では、「弾ける笑顔」と「飾らない素顔」を届けてくれています。そんな各方面で惜しみなくその魅力を披露してくれている彼女をより詳しく紹介します!

取材協力:micro FOOD & IDEA MARKET

現在、出演中のドラマ『ブラックシンデレラ』について、ドラマの概要と鈴木美羽さんの役どころを教えてください。

莉子さんが演じる平凡な女子高生・愛波を支える幼馴染みで親友の吉村ひまり役を演じています。ひまりの性格を一言でいうと、面倒見の良いミーハーな女の子で、愛波やひまりはスクールカーストで言うところの2軍なんです。

親友思いで面倒見のよい女子高生なんですね。

当初、考えていたのは、愛波を抑えるような役どころだと考えていました。でも演じていく中で、ミーハーでイケメン好きなところがあったりと、今どき女子な部分も見え隠れしていたので、面倒見の良い子だけでなく親友の前で見せる可愛らしさも兼ね備えた女の子だと感じて演じるようにしました。ひとりでテンションが上がって盛り上がってしまう可愛らしさや、好きな人がいてその人を一途に想う一人の女子高生として演じています。

ひまり役を演じるにあたって、参考とした人はいたのでしょうか。

好きな芸能人を話題にする時にテンションが自然と上がる私の周りにいる子を参考にしました。

撮影期間はどのくらいあったのでしょうか。

リハーサルを含めるとまる3ヶ月ほどの期間になります。ずっと一緒にいたので、みんなと和気藹々、楽しく撮影をすることができました。控え室でも、みんな仲良くお弁当を食べたり、空いている時間で古今東西ゲームで“懐かしいもの選手権”をやったりして、みんながワッと湧くような懐かしいものを言い合ったりしました(笑)

鈴木さんがゲームの中で特に懐かしかったことは何でしたか。

私が一番懐かしいな~と思ったのは「コラショ」でした(笑)。ある通信教育のサービスマスコットなんですが、ちょうど私たち世代からすると幼稚園から小学1、2年生の頃に流行ったキャラクターで、私もコラショの目覚まし時計を持っていたんです♪ だから“懐かしい〜”って気分になって、みんなで盛り上がりました。あとは鉛筆に付けるグリップとか、小学生の頃にみんなが持っていてすごく懐かしかったです。古今東西ゲームのほかにも「一番可愛いプク顔選手権」をやっていました(笑)。言い出したのも男子で、一番可愛いプク顔も男子でした!(笑) なかでも神尾さんは一番ノリノリでした♪

イケメンのプク顔もいいですね(笑)

神尾さんは一番、年齢が上だったこともあり、率先して現場で盛り上げてくれていました。控え室はいつも神尾さんのお陰もあって明るく楽しい場所でした。

同世代ですし、仲の良い楽しい現場だったことが伺えますね。

女子メンバー同士も本当に仲良くて、クランクアップした今でもLINEのグループで盛んにメッセージ交換をし合っているんです。舞台を観に行ったり、みんなとの交流は今も続いています。やっぱり同じドラマで一緒だったメンバーが別の仕事で頑張っていると刺激になりますね。

注目して欲しいドラマの見どころを教えてもらえますか。

ドラマを観ている誰もが自分自身の外見に対するコンプレックスを抱えていると思うんです。ひまりのように等身大の自分をきちんと愛している姿に共感してもらえたら嬉しいです。

鈴木さんは自身のコンプレックスに対して、どのように向かい合っていますか。

コンプレックスは外見も中身の部分でもどうしてもありますよね。10代の頃は周りの友人と比べてしまうことが多くて、ネガティブになってしまうこともありましたね……。今は昔ほど悩むことは減りました。でも、今作で演じたひまりのように、私もありのままの自分を受け入れて、ありのままの自分を愛していきたいなと改めて思うことができました。コンプレックスはチャームポイントと紙一重なところもありますしね♪

――――――

4月から「王様のブランチ」に新リポーターとして出演されていますね。オーディションで出演が決まったそうですが、その時の率直な感想を聞かせてください。

マネージャーさんから出演が決まったと言われた時、嬉しすぎて泣きました(笑)。小さい頃から家族みんなで観ていた番組だったので、もちろん家族全員が大喜びしてくれました。

オーディション時に何かしらの手応えはあったのでしょうか。

正直、手応えみたいなものはなかったですね。ただ番組を観ていると、これまでの番組リポーターの皆さんは、力んで伝えるようなリポートはなく、視聴者と同じありのままの目線で情報を届けている印象がありました。私もそれに倣ってあまり作り過ぎない、ありのままの自分で挑んだと思います。

楽しそうにリポートする様子を観て、自然に共感してしまうのが「王様のブランチ」ですもんね。

私自身はどちらかというと考えすぎてしまうタイプなんです。なので「王様のブランチ」では、ありのままの私で楽しみながら情報を伝えて、観ている人にも楽しんでもらえるといいなと思います。お仕事でインタビューを任せていただく際に、よく落ち着いているね、と言われるんです。だから「王様のブランチ」では番組の安定剤のような存在になれたらと思っています。自分の強みとして、これからもインタビューを頑張りたいですし、ロケでは楽しんでいる様子をそのまま情報として伝えていけたらと思っています。先輩リポーターの方々の技もどんどん盗んでいきたいです(笑)

個性的な出演者の中でも鈴木さんらしい個性が番組を通して視聴者に伝わると良いですね。

人の話を聞いたり、人と接するのが好きなので、いろいろな年代や職業、価値観を持った方々と話すことで、そういった方々の良いところを吸収したいと思っています。インタビューでも視聴者の方の代わりになって番組に参加できたらと考えています。

演者の方、スタッフさん、皆さん良い関係のチームのようですよね。

はい、現場の雰囲気もすごく良くて、ファミリー感もあってとても楽しいです。放送時間が毎回アッという間です♪

――――――――

自身のYouTube「鈴木美羽のみうチャンネル」についても聞かせてください。先日、お誕生日のサプライズ企画動画が上がっていましたね。本当にサプライズなバースデー企画でしたね。

そうなんです! すごく楽しい回だったんですけど、最後の最後にサプライズ意地悪がありましたね(笑)。ケーキにかかっていたソース、スタッフの方には「季節のソース添え」と言われていたのですっかり信じて食べてしまいました。まんまと、やられてしまいました……(笑)。

YouTube「鈴木美羽のみうチャンネル」

まだ観ていない人は最後に何が起きたか、ぜひYouTubeでチェックして欲しいですね。また『Ray』専属モデルの中村里帆さんもサプライズ登場されていましたね。

サプライズゲストがいると聞いた時は本当に嘘だと思ったんです(笑)。でも本当に来てくれて、すっごく嬉しかったです! 里帆は大親友なんです。

中村里帆さんとはいつ頃から、何がきっかけで仲良くなったのですか。

雑誌『ニコラ』のモデルをやっていた時に、1年遅れて入ってきたのが里帆でした。13歳だったので、もう8年の付き合いになります。悩み事や相談事、お互いのプライベートなど何でも話せる仲です。

今後の「みうチャンネル」はどんなことをやっていきたいですか。

モデルとして同年代の女の子たちが関心を持ってくれるファッションやメイクを紹介したり、ひとりの大学生としてカバンの中身や生活のことなど、プライベートも紹介していけたらと思っています。あとは、誕生日動画のような無茶振りやドッキリなど男性も観て楽しんでもらえるような企画もやっていきたいです!

鈴木さんのパーソナルな部分をファンは観ることができそうですね。

そうですね、一番プライベートを出しているのがYouTubeだと思います。私のことを友だちだと思えるくらいの距離感の近いチャンネルにしたいです。これからも色々なことに挑戦していくので是非コメントなどしてくれたら嬉しいです!

素顔の鈴木さんを観たさに、男女問わず新しいファンが増えそうですね。

ありがとうございます。YouTubeをやっているおかげでカメラ目線も自然にできるようになりました。「王様のブランチ」の初回収録の際も緊張することなくできたのは、YouTubeで鍛えられたからだと思います(笑)

それでは最後に、ドラマや情報番組、ラジオ、YouTubeと多岐にわたって活躍中の鈴木美羽さんですが、今後の目標を教えてください。

4月から始まった「王様のブランチ」をとにかく頑張っていけたらと思います! あとは、お仕事のジャンルを制限することなく求められることにこれからも全力で挑戦していきたいです!

ABEMAオリジナルドラマ『ブラックシンデレラ』

放送中

主人公は、「私なんか…」が口癖で自分に自信が持てない女子高生・神谷愛波(かみや・まなは/17歳)。愛波には幼いころからの夢があった。それは、学園一の美男美女を決める、ミス清蘭コンテストに出場すること。ド平凡女子を自称する愛波だったが、とあるきっかけでそのコンテストに出場するチャンスを掴む。そこで出会ったのは、ナルシストで完璧な国宝級イケメン・橘圭吾(たちばな・けいご/17歳)と、謎の転校生・島村空(しまむら・そら/17歳)。巻き起こる恋の予感の中で迎えたコンテスト当日、夢の舞台まであと一歩のところで愛波を襲った出来事とは…? “本当の美しさ”とはいったい何なのか…?その答えを見つけるために、ルッキズムに立ち向かいながら、夢や恋に奮闘する“逆襲”ラブストーリー!

<出演>
莉子 神尾楓珠
板垣瑞生 愛花 長見玲亜 鈴木美羽 兵頭功海 円井わん 木村葉月 込江大牙 谷口翔太 鈴木愛理
岡部たかし 須藤理彩 雛形あきこ

<製作>
脚本:吉田恵里香 プロデュース:池田克彦
演 出:川村泰祐 原桂之介 伊野部 陽平
製作著作:AbemaTV

第一話
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/F9J5G67TuUMuJ7

第二話
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/9N5tPVSjjUsAJb

番組サイト

鈴木美羽・プロフィール

すずき・みう。2000年4月14日生まれ。神奈川県出身。2012年「第16回二コラモデルオーディション」でグランプリを受賞し、雑誌『nicola』専属モデルとしてデビュー。その後、2017年12月号より2000年3月号まで雑誌『Popteen』の専属モデルとして活動する。2020年4月からMBSラジオ「アッパレやってまーす!」月曜レギュラーとして出演。2021年2月にはYouTubeチャンネル「鈴木美羽のみうチャンネル」を開設。4月にはABEMAオリジナルドラマ『ブラックシンデレラ』にて吉川ひまり役で女優としても活躍。また同4月よりTBS「王様のブランチ」のリポーターとして出演中。現在、モデル・女優・バラエティ番組への出演など、幅広いシーンで注目を集める期待の21歳。

Twitter
https://twitter.com/suzukimiu_0414/

Instagram
https://www.instagram.com/suzukimiu_0414/

Blog
https://lineblog.me/suzukimiu/

YouTube「鈴木美羽のみうチャンネル」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
【浅川梨奈:インタビュー】キスマイ北山宏光が原案のラブコメドラマ「快感インストール」で、キスマイ二階堂高嗣演じる主人公を虜にするマドンナ役を好演。プライベートではアイメイクマニアな一面も告白!
CULTURE
【浅川梨奈:インタビュー】キスマイ北山宏光が原案のラブコメドラマ「快感インストール」で、キスマイ二階堂高嗣演じる主人公を虜にするマドンナ役を好演。プライベートではアイメイクマニアな一面も告白!
【浅川梨奈:インタビュー】キスマイ北山宏光が原案のラブコメドラマ「快感インストール」で、キスマイ二階堂高嗣演じる主人公を虜にするマドンナ役を...